目的によって変わる韓国旅行の楽しみ方

現地に旅行して目覚めた韓国料理

韓国へ旅行をするようになって、我が家の食事メニューの幅が広がりました。現地で食べた美味しいものを参考にして、韓国っぽい料理を、家でも作るようになったのです。良く作るのはビビンバです。豆もやしとほうれん草と人参を、それぞれ自己流でごま油や醤油と混ぜ、ナムルにしておきます。ごま油を引いたホットプレートの上に、ご飯を広げ、牛ミンチを甘辛く炒めたものと、ナムルをのせ、玉子を落としてできあがりです。コチュジャンは、個人の好みの量で味付けします。

他にも、焼肉の仕方が韓国流になりました。主人は今までと同じで、焼肉のたれをつけてそのまま食べていますが、私は韓国流の食べ方が気に入って、お肉を塩とごま油につけてから、サムジャンやキムチと一緒に、サンチュかサニーレタスで包んで食べています。葉で包むと口の中がさっぱりするので、焼肉の時は白ご飯は食べなくなりました。また、韓国製の辛いラーメンが大好物になり、十日に一度は食べています。韓国へ行くまでは、それほど韓国料理に関心を持っていませんでしたが、すっかりハマってからは、色々食べた美味しいものを、自宅でも再現したくなりました。現地で食べれば五百円くらいの料理でも、日本にある韓国料理店だと、おしゃれな雰囲気になってかなり高くなってしまいます。その度に安くて美味しく食べられる、韓国へ行きたいと思うのですが、なかなかしょっちゅうは旅行に行けないので、自己流の韓国料理を楽しんでいます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017目的によって変わる韓国旅行の楽しみ方.All rights reserved.