目的によって変わる韓国旅行の楽しみ方

韓国へ旅行する時に必ず使う空港とは

一年に何度か韓国へ旅行に行きますが、必ず金浦空港を使うようにしています。仁川空港は規模が大きく、免税店もたくさん入っているので、見て回るだけでも楽しいのですが、空港が市内から離れているので、移動にかかる時間も考慮しなければならず、遊ぶ時間が短くなってしまうからです。金浦の場合は、市内までタクシーで四十分もすれば着くので、気に入っています。またこじんまりとしているので、自分たちのゲートまで長い間歩く必要はありません。動く歩道を使っても、時間がかかってしまう仁川と比べて、金浦にはコンパクトならではのメリットがあります。

韓国へ旅行し始めた頃は仁川しか知らず、初めて金浦に行った時には、同じ国にある空港と思えないほど小さな空港なので、とても驚きました。イミグレーションを通ってしまえば、小さな免税店しかなく、食事をするにも、コーヒーショップみたいなところしかありません。しかし、金浦の場合は、中に入るまでのところにある、庶民的なフードコートがお楽しみです。空港関係者や地元の人でいつも賑わっていて、あまり外国人旅行客がいない穴場のスポットで、ビビンバやクッパなどの韓国料理が食べおさめできます。空港価格ではなく、市内と同じ価格なのも嬉しいところです。もう韓国料理は十分だ、という時には、中華料理や日本食もあり、家族それぞれが好きなものを選べるのもフードコートの利点です。ここで食事したいために、余裕を持って空港に来るくらい、いつもの定番コースになっています。

お役立ち情報

Copyright (C)2017目的によって変わる韓国旅行の楽しみ方.All rights reserved.